2010年01月05日

迎春

DVC00002.jpg

新年明けましておめでとうございます

今年もよろしくお願いいたします
posted by 網走探訪 at 13:46| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月08日

大雪とセッピ

DVC00005.jpg

お正月元旦から雪が降り続きました。
網走市ではそれほどでもありませんが、お隣りの町北見市では昨日まで降り続き記録的な大雪にみまわれました。
とくに留辺蘂(るべしべ)町では1メートルの積雪で屋根の雪下ろしに追われるありさま。
屋根に張り出す雪やツララは危険です。
さらに豪雪地域もあるようですが、北見網走では大騒ぎになっています。

網走の積雪は現在約50cmでそれほど寒くはありません。
posted by 網走探訪 at 19:33| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

網走湖のワカサギ釣り

DVC00009.jpg

網走湖のワカサギ釣りが1月7日からオープンしました。
気温が高く、湖の氷はまだそれほど厚くはないそうですが、太公望は待ちに待った季節の到来にドット押し寄せ、腕を振るっています。
今年の釣果はかなり期待できそうです。
posted by 網走探訪 at 19:45| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月11日

白鳥の湖

DVC00017.jpg

白鳥の湖トーフツ湖。

網走市内から知床方面へ車で約20分、北浜というところに白鳥公園があります。
ここはラムサール条約登録湿地に認定されたトーフツ湖の川口にあたり、水鳥たちの絶好の観測スポットになっています。

この時期は大白鳥やたくさんの水鳥たちがシベリアから渡ってきて羽を休めています。
posted by 網走探訪 at 15:54| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月16日

網走原生牧場のラマ

DVC00014.jpg

氷点下の世界にも平気な北国生まれのラマちゃん

もとは南アメリカの山岳地帯が原産ですが、網走生まれのラマちゃんはこの寒い冬もへっちゃらで、ひろ〜いフィールドをわがものがをで走りまわっています。
背の高さは1メートル70センチくらいありますが、まだ2歳です。
雪の中では目立たないこと・・・。
posted by 網走探訪 at 18:15| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月21日

流氷観光砕氷船「おーろら」号

aurora-mitinoeki2074_m.jpg

道の駅「オホーツク流氷街道」に停泊する流氷観光砕氷船「おーろら2」号

1月20日から流氷観光砕氷船の運航が始まりました。
「おーろら」と「おーろら2」の2せきがあり、万全の状態で観光客を迎えます。
流氷の折り重なる1メートルもの氷の山を砕きながら突き進むようすは圧巻です。
運がよければオジロワシやゴマフアザラシにも合えますよ。

現在、流氷帯は網走沖の10〜20kmにあるそうですが、まもなく接岸するようです。

お問合せご予約は 道東観光開発おーろらターミナル TEL 0152-43-6000
posted by 網走探訪 at 14:06| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

網走港とオホーツク海

abasirikou2076_m.jpg

オホーツク海の網走港沖の様子(1月21日現在)

残念ながら流氷はまだ見ることができません。
posted by 網走探訪 at 14:11| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月24日

知床連山オホーツク海

DVC00015.jpg
藻琴の高台から知床方面を望む

本日は快晴。オホーツクブルーの空の下で冬のスポーツが各地で行われています。

オホーツク海の流氷は網走沖合約6キロにあります。
ここからはやっと見えるか見えないかといった状態です。
posted by 網走探訪 at 12:27| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。