2011年09月02日

モヨロ貝塚とは

DVC00062.JPG

モヨロ貝塚とは

モヨロ貝塚とは網走川の河口にある今から約1300年前の「モヨロ人」の村の跡です。
発掘調査でわかった彼らの暮らしは、縄文時代などの人々とは違い「モヨロ人」(正式には「オホーツク文化人」)が北から移り住んだ人びとであったことを物語っています。

モヨロ人は深さ1m、長さ10mもの穴を掘った大きな家に、2〜3家族で住んでいました。
貝塚には食べ物となった動物や魚の骨、貝がらなどが多く見つかっています。

posted by 網走探訪 at 15:16| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。